「豊かさ」という価値を暮らしの中にデザインする。
メイン写真メイン写真

3バンド_桜_house建築施工事例.008 広島市安佐南区

「house」を敷地に適切に配置することにより、3つのバンドを作り出した。
第一バンドは周辺環境に開く内部空間。
第二バンドは周辺環境に開く敷地内の外部空間。
第三バンドはこれらと呼応するパブリックであるが、プライベート的に享受できる空間。
桜バンドは公園に付随する常に生活の中にイメージされる一瞬であり永遠の空間である。
これらのバンドと生活が連動し、日々の楽しい生活ができる「3バンド_桜_house」である。

「季節の移ろいを楽しみながら桜の咲く春を待つ」

藤田大海 写真

建築家/藤田 大海
(藤田大海建築設計事務所)

【コンセプト】

ご夫婦が選んだ土地は北東の二面が道路に接している角地で東面には桜並木を抱える小さな公園がある。建築家は人の出入りが多くないこの公園を借景にしたリビングの窓を提案。開放的で照明器具に頼らずとも明るいLDKが実現。プライバシーを確保するために建物は道路から離し、駐車スペースは家を囲むようなL型に配置。二面道路を生かしバックしなくても駐車可能で停めやすく、駐車場だけでなく庭としての機能も併せもつ場所となった。

総二階の四角い外観と連続する長方形のLDKのアクセントは配線を隠せる壁掛けTV面のベルアートで仕上げたグレーの壁。物を少なく暮らす夫婦は窓にも線がすっきりしたバーチカルブライドを選び、室内全体をシンプルに見せる。玄関からキッチン奥の収納までが見渡せるプランは家族みんなが一緒に過ごせる広々とした空間。キッチン・収納・無垢フローリング・階段・ダイニングテーブルはオーク材で統一。あたたかな木と無機質な素材のバランスと、連続する直線でうまれる空間は整った心地よさをあたえる。

建築家プロフィール/藤田 大海
Facade

Facade

玄関正面左にシンボルツリーのオリーブの木が家族の成長を教えてくれる。外壁はサイディングと塗り壁に分けられ経済的なデザインとなっている。

Living_1

Living_1

モールテックスの壁面に壁掛けTV、TVに設けられている穴はデッキ収納となってすっきりとしたデザインになった。

Living_2

Living_2

やわらかな光が射し込むリビング。ゆったりとした休日が家族で過ごせます。

Kitchen Dining

Kitchen Dining

仕上げ木材(床、キッチン収納、ダイニングテーブル)はオーク無垢材に揃えた。

Living_3

Living_3

希望された広いリビングは階段を取り込み大空間を実現。

LDK_1

LDK_1

春、リビングのバーチカルブラインドのハンドルを回すと公園の桜が望めます。短辺方向に大きな開口を取り、目線が外に向くことで空間の広がりを外にまで繋げることができる。

LDK_2

LDK_2

キッチンから見える景色。リビングの奥は玄関、その奥には洗面台、トイレ、倉庫と続く。

Kitchen_1

Kitchen_1

みんなで料理ができる広々キッチン。

Study

Kitchen_2

左の扉はパントリー。箱買いした生活備品を収納できる。気に入ったものを置く飾り棚は生活を豊かに彩る。

Facade

Facade

成長が楽しみなシンボルツリーのオリーブ。外壁の素材感も相性良し。

Entrance

Entrance

すっきりとした玄関。扉の中には靴、通信機器、リビングTV機器が収納されている。玄関収納向かいには倉庫もあり、玄関の整頓が保たれている。

Stairs

Stairs

階段下のスペースには、ワークスペース、スタディコーナー、コート掛けなど、使い勝手の良いフリースペースとなっている。

Powder room

Powder room

次のページをみる次のページをみる
弊社へのお問い合わせ
pagetop
SSL GMOグローバルサインのサイトシール